風邪を引きにくいうがい法と手洗い法

あなたは普段どうやって「うがい」「手洗い」をしてますか?

あんまり意識してないかもしれませんね。
実はわたしもそう。

インフルエンザの季節がやって来るたびに
「効果的なうがいってどんなんだっけ・・・?」と
いつも確認する始末。


やらないよりやった方がいいし、どうせやるなら効果的な方法がいいじゃないですか!

ではまず、効果的な「うがいの方法」から


@初めの1回目は「ブクブクうがい」
  口の中のウイルスを奥に流し込まないためです。
A2回目からは「ガラガラうがい」
  普通に声を出して「ガラガラ」とうがいしてください。
B一日に何度もすること。
  食事前や帰宅時など、また気がついたときにまめにやりましょう。

特にうがい薬じゃなくても普通の水で十分です。
でも、のどが痛くなりかけてきたらうがい薬を使った方がいいかも。



次に手洗いの方法

@手のひらをこする
A手の甲をこする
B指先をしっかりこする
C指の間をしっかりこする(左右の手を組み合わせた形で)
D親指を握ってこする
E手首をこする



・・・だそうです。
タオルはできれば使い捨てがいいんだろうけど、家庭ではそこまではやれないので、せめて家族別にタオルを変えたら少しはいいのかも。
あとは、まめに新しいタオルにするとか。

石けんは普通の石けんで十分だそうですが、家族に病人が出たときは「消毒薬」も使った方がいいでしょう。



>>だ液の量

   風邪の予防・対策法 へ



だ液の量

あなたは「だ液の量」は多い方ですか?それとも少ない方ですか?

だ液の中にはウイルスを殺す物質が入っています。
だから少ない人はウイルスをそのまま通過させてしまうので
「風邪を引きやすい」のです。

普段「口呼吸」する人もNGです。
だ液が乾いてしまいますものね。
そればかりではなく、鼻から呼吸する方がダイレクトにのどにウイルスが行かないので、口呼吸よりはるかに風邪を引きにくいとのこと。


だ液の少ない人は・・・

口呼吸してる人はしないように気をつけましょう。
かみごたえのある食べ物を食べるようにしましょう。



そして「だ液腺のマッサージ」をしてみましょう。


やり方は「両耳の下のあたり、あごの付け根のへん」を、グルグルと円を描くようにマッサージします。

だ液は虫歯の予防にも良いそうなので、気がついたときにやってみましょう!



>>ぬれマスクの効用

   風邪の予防・対策法 へ



ぬれマスクの効用

「ぬれマスク」ってわかりますか?
普通のガーゼのマスクを水にぬらして、軽くしぼったものです。
(水がしたたらない程度にね!)

これが風邪予防にはけっこういいんです。

使うのは夜寝るとき!
慣れるまでちょっとうっとうしいですが、鼻の部分は少し折り返すなどしてみてください。

なぜこれが良いのかというと、もちろんマスクを通してウイルスが侵入しにくくなるというのもありますが、寝ている間に「口の中」が乾燥して、ウイルスを殺すだ液が少なくなってしまうことを防ぐからです。

朝になると、マスクはカラカラに乾いてます。
それだけのどが守られたんですよね。


風邪を引いてしまって、のどの調子が悪いときも使えます。


朝になったら、使ったマスクを洗顔のときにいっしょに洗って干しておけば、そんなに手間にもなりません。

冬は特に乾燥しますから、ぜひやってみてはいかがでしょう。


最近はこんなのも出てますね。
↓ ↓


のどぬーるぬれマスク 就寝用 ハーブの香り 3組入




【代引手数料無料!】くり返し使える ぬれマスクン×2セット



>>うたた寝をしないこと!

   風邪の予防・対策法 へ


うたた寝をしないこと!

うたた寝した後、風邪引くことありませんか?

もちろん布団もなにも掛けないでいたから、体が冷えて風邪を引くってこともあります。


でも、体を冷やさないように暖かくして寝ていても、風邪引くことあるんですよ。
なぜ?


それは「副交感神経が活動するときに風邪をひきやすくなるから」なんですって!

副交感神経が働くのは主に睡眠時。
つまり眠っている間中、風邪引きのリスクが高まるということ。

かといって、睡眠時間を削るのもかえって逆効果になりかねません。
体を休め、疲れを回復させるためには、良質の睡眠は不可欠ですから・・・・


ですから、せめて「うたた寝」や起床時の「まどろみ」の時間を短くしましょう。
起きるときはシャキッと!

朝目覚めたら潔く、カーテンを開けて窓を開けて深呼吸。
交感神経のスイッチオン!


寄り付いてた風邪が退散するはずですよ。



>>こたつや電気カーペットに注意!

   風邪の予防・対策法 へ


こたつや電気カーペットに注意!

日本の冬の必需品といえば、なんといっても「こたつ」
これ無しで過ごせないお宅も多いんじゃないでしょうか?

また、フローリングの床の上に「電気カーペット」を敷いて、冬を過ごす家も多いでしょう。

暖かくすることは、風邪を引かないようにするためには大切なことのように思いますよね。



でも、長時間こたつや電気カーペットを使うのは控えた方がいいかもしれません。
なぜって・・・?



「有害電磁波」が発生するからです。


電磁波は電気が通っているところから発生します。
そして、体に悪影響を及ぼします。

がんや脳しゅよう、白血病、異常妊娠などのリスクが高まるといわれています。

なぜそうなるかというと「免疫力が低下するから」だそうなんです。



ということは、免疫力が低下して「風邪も引きやすくなる」ということ!


今年の冬は「電磁波対策」も考えてみてはいかがでしょうか?



【3畳相当 高級カービングマイヤー編み「電磁波低減タイプ」 ホットカーペット

オーガニックコットン100%電磁波99%カット0608超得電磁波カット電気掛敷オーガニックコットン



「こたつや電気カーペットの上でうたた寝」するのが、風邪引きやすいわけをご理解いただけたでしょうか?
資金のある人は、いっそ「床暖房」(もちろん電気使わない工法で)なんかがいいかも。

風邪を引きにくくするように、生活に工夫をしてみましょう!


>>サプリメントも有効

   風邪の予防・対策法 へ


サプリメントも有効

子供達が幼稚園に通っていた頃、「肝油ドロップ」の申込書をもらってくることがありました。

「なんじゃこりゃ?」

私は食べたことがなかったのでなじみはないけれど、でもまぁ試しに食べさせてみるか!

ということで、注文してみました。


「ゼリーっぽいお菓子」という感じで、子供達もけっこう喜んで食べました。
その頃は確か晩秋。

なくなるとドラッグストアにも売っていたので、買っては食べさせ、そうやってひと冬過ごしてみたところ・・・・・


いつもの冬より風邪を引く回数が少なかったのです!


まぁ「肝油ドロップ」に限らず、栄養補給っていいのかもしれない。
その後はずっと「マルチビタミン」というイチゴ味のラムネ菓子みたいなのを食べさせています。


子供ってみんな偏食傾向ありますから、サプリメント食べさせるのって、案外有効かもしれませんね・・・



>>ストーブ選びも大切かも!?

   風邪の予防・対策法 へ


ストーブ選びも大切かも!?

わが家ではずっと前から普通の「石油ストーブ」を使っています。
子供が小さいときはストーブガードで囲って、その上でお湯を沸かしたり、おでんを作ったり・・・

冬場の光熱費節約にも一役買ってるんじゃないかと思って愛用しています。

子供が冬休みになると実家へ帰るんですが、実家はかなり前から「ファンヒーター」

こたつも使ってるし部屋はかなり暖かいんですが、なぜかいつも帰り際にはのどの調子がおかしいんです。
吹き出し口からの風が良くないんでしょうかね?
のどもよく乾きます。

あなたはそんなことありませんか?


今はいろんな暖房器具があって、部屋を暖めるパワーとか経費とかで選ぶのもいいけれど、風邪対策なんかも考慮に入れて選ぶのもいいんじゃないでしょうか。

私は「もし停電しても大丈夫!」と防災対策も考えてます。
たぶんこれからも石油ストーブ大好き☆


☆送料無料☆トヨトミ(TOYOTOMI)■対流形石油ストーブ RB-25【快適生活】

石油ストーブはあまり安いものだと点火時や消化時の臭いがきついので、ちょっといいものを買ったほうが失敗しませんよ☆


>>風邪予防には季節の変わり目が要注意!
風邪の予防・対策法 へ


風邪予防には季節の変わり目が要注意!

最近の気候は、「寒くはないんだけど、じっとしてると冷える」・・・そんな感じだと思います。

あぶないですね。絶対冷えちゃいます。
そして冷えは免疫力を下げる大きな要因。

つまり今はとても風邪をひきやすい時期なんです。

ウチは先日雨の降った寒い日に「カーボンヒーター」を出しました。
数日前にはホットカーペット(もちろん電磁波低減のもの)を購入しました。

10月下旬に出すのは早すぎに思うかもしれないけど、まず「冷えないこと」・・・これが肝心だと思います。


でも「どうしてもギリギリまで暖房器具を出したくない」って方もいらっしゃいますよね。

だったら、とにかく動きましょう。
外に出て家にいないこと。
家にいるなら、徹底的に家事をして体をよく動かすこと。

家もキレイになるし、血行も良くなるし一石二鳥です。

そして、夕食はあったかい物を作ってあげてくださいね。
キュウリ、ナス、トマトや冷やっこは、体を冷やすので食べないように。
ニンジンやゴボウなどの「根っこ」の野菜を使って、体が温まる料理を家族に作ってあげましょう。

今の季節の風邪予防法、参考にしてくださいね☆


風邪の予防・対策法へ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。