風邪のタイプによって対処法が違う

風邪って、ひいてしまったらとりあえず病院にかかって「安静」「栄養」「薬」で養生するといったイメージがあります。

でも漢方薬というか東洋医学的な観点から見ると、同じ養生でも「風邪のタイプ」によって、その方法が違うようです。

たとえば・・・・
・「赤い風邪」と言われる「のどの痛みや腫れ、急な発熱で始まる風邪」
  炎症を抑え、熱を冷ますことを心がけます。
  体を温める食べ物は逆効果。
  キュウリや大根などが良いそうです。
  私は野菜ジュースが飲みたくなりました。

・「青い風邪」と言われる「背筋がぞくぞくと寒くなり、水っぽい鼻水と頭痛がある風邪」  赤い風邪とは逆で、体を温めて汗を出させるのが大切。
  冷たい食べ物はひかえて、ネギやショウガなどを食べましょう。

・「黄色い風邪」と言われる「吐き気や下痢を伴う風邪」  体に溜まった余計な水分を出すことが重要だそうです。
  シソやショウガなどがオススメ。


私は風邪をひいたら、ちゃんと布団を着て寝て、頭は冷やして、温かくて消化の良いものを食べていればOK・・・と単純に考えていたのですが、風邪の種類を見分けることが大事だったんですね。


>>風邪の予防・対策法 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。