夏風邪の種類

・手足口病
   エンテロウイルスが原因。口の中や手のひら、足の裏などに
   2〜3ミリの水泡ができます。痛みがあり38度前後の熱が
   出ます。

・ヘルパンギーナ
   エンテロウイルスが原因。
   突然の発熱に続いて口の中に2ミリから5ミリほどの水泡が
   でき、食べ物を食べると痛みます。

・プール熱(喉頭結膜熱)
   アデノウイルスが原因。主にプールで感染することからこの名が
   ついたようです。
   のどの痛みと目の充血が特徴。高熱がでることもあります。


>>冬の風邪の種類
>>目次へ
posted by mari at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 風邪の種類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。