免疫力が下がる時ってどんな時?

免疫力は体内の「免疫細胞」がつかさどっています。
ただ、この免疫細胞、困ったことにちょっとしたことですぐ機能低下してしまうんです。

「寒いところに長時間いたとき」「疲れたとき」「精神的ストレスを感じたとき」など。

1年を通して見てみると、11月から2月が一番免疫力が低下するとのことで、やはり免疫細胞は寒さに弱いということを如実にあらわしています。

それでよけいに風邪引きやすくなるんですね。


なので、とりあえずは「体を温める」ようにしましょう。
温める場所は「お尻」と「お腹」と「太もも」
太い血管が走っているので効果的だそうです。

また、体の中から温めるのには炒めたり煮たりして「火を通したショウガ」が体をよく温めます。ショウガに含まれるジンゲロールという物質が加熱することによりショウガオールに変化し、血管を拡張する作用があるというのです。


体や心の疲れも「風邪には大敵」
寒いときは早く休むのが一番簡単で効果的な風邪予防なのかもしれませんね。




風邪の予防・対策法 へ

posted by mari at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 免疫力を上げよう!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。