インフルエンザの特徴と気をつけること

インフルエンザの大きな特徴は「突然の発熱」です。
普通の風邪のようにセキや鼻水・のどの痛みなどの症状からはじまるのではなく、いきなり高熱が出て体の節々が痛むなどの全身症状があらわれます。

今は「タミフル」という特効薬があります。
インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬です。

ただ、過去に「窓から飛び降りる」などの異常行動で亡くなった例もあり、それが副作用なのかどうなのかははっきりしていないとのこと。

万が一のこともありますから、看病中は目を離さないようにしたいものです。

また、処方された「タミフル」、他の家族がかかったからといって安易に飲ませないようにしましょう。
15歳未満の子供に「体が大きいから大丈夫だろう」と大人用に処方されたものを飲ませると、「脳症」になることがあります。

気をつけてくださいね。


風邪の予防・対策法 へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。