インフルエンザの予防接種

インフルエンザを予防するのには、やはり「予防接種」が一番!
注射して効果がピークに達するのは、1ヶ月後から2ヶ月後までの間。
なので、逆算して11月末から12月上旬にかけて予防接種を受けるのが一番いいそうです。

ワクチンの中身はその年の流行予想のもの1種類だけじゃなくて、実は「Aソ連型」「A香港型」「B型」3種類に対する成分がちゃんと入ってます。

ただ、ワクチンを接種してもインフルエンザにかかってしまうのは、毎年ウイルスが微妙に形を変えて発生するからだとか。

ワクチンをつくる際にその辺のことを考慮して作るそうですが、それが当たることもあり、はずれることもあり・・・

でも3種類全部はずすことはほとんどないそうです。
はずれたものにかかったとしても、症状は軽減化されるそうなので、予防接種はぜひ受けましょう。

※卵アレルギーの方と妊娠中の方はお医者様に相談してから受けましょう。
 また、他の予防接種をした後は一定期間他の予防接種が受けられないことがありますので、確認しましょう。


風邪の予防・対策法 へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。