風邪の手当て(初期症状)

熱はないようだけど、体がゾクゾクする。
のどが痛い。
鼻水が出てきた。

こんな症状が始まったら、体の中では風邪のウイルスとの「戦闘開始」の合図です。


日頃から「免疫力」が鍛えられているかが、勝負どころなのですが、弱っちい免疫力にささやかでもエールを送るために、こんなことをしてみましょう。


足湯
深めのバケツにちょっと熱めの湯(43〜44℃)を入れ、あら塩を適量入れます。
その中に両足をふくらはぎまでつけて、10分ほど暖めます。
ポットのお湯をあらかじめ準備しておいて、さめたらそのつど注ぎ足します。

できるだけ寒くない部屋でやりましょう。
タライなどの中にバケツを入れて行なうと、多少こぼれても安心。
冬場はお風呂場などは、かえって冷えることがあるので気をつけましょう。

首筋を暖める
熱いタオルを何本も用意しておき、首筋に当て、冷めたらそのつど取りかえます。
めんどうやの私はマフラーに使い捨てカイロをはさみ込み、カイロの部分が首筋に当たるようにしてマフラーを巻きます。

ひたすらうがい
のどが痛いということは、風邪のウイルスがのどから侵入を始めた証拠。
うがい薬を入れた水で、ひたすらなんどもうがいするしかありません。
その後マスクもしておきます。
寝るときもマスクをつけたまま寝ましょう。


風邪の予防・対策法 へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。