風邪を引きにくいうがい法と手洗い法

あなたは普段どうやって「うがい」「手洗い」をしてますか?

あんまり意識してないかもしれませんね。
実はわたしもそう。

インフルエンザの季節がやって来るたびに
「効果的なうがいってどんなんだっけ・・・?」と
いつも確認する始末。


やらないよりやった方がいいし、どうせやるなら効果的な方法がいいじゃないですか!

ではまず、効果的な「うがいの方法」から


@初めの1回目は「ブクブクうがい」
  口の中のウイルスを奥に流し込まないためです。
A2回目からは「ガラガラうがい」
  普通に声を出して「ガラガラ」とうがいしてください。
B一日に何度もすること。
  食事前や帰宅時など、また気がついたときにまめにやりましょう。

特にうがい薬じゃなくても普通の水で十分です。
でも、のどが痛くなりかけてきたらうがい薬を使った方がいいかも。



次に手洗いの方法

@手のひらをこする
A手の甲をこする
B指先をしっかりこする
C指の間をしっかりこする(左右の手を組み合わせた形で)
D親指を握ってこする
E手首をこする



・・・だそうです。
タオルはできれば使い捨てがいいんだろうけど、家庭ではそこまではやれないので、せめて家族別にタオルを変えたら少しはいいのかも。
あとは、まめに新しいタオルにするとか。

石けんは普通の石けんで十分だそうですが、家族に病人が出たときは「消毒薬」も使った方がいいでしょう。



>>だ液の量

   風邪の予防・対策法 へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。